中矢嘉貴 使って育てる木のうつわ(クリ)
5db548fdff78bd5f708d0cae 5db548fdff78bd5f708d0cae 5db548fdff78bd5f708d0cae

中矢嘉貴 使って育てる木のうつわ(クリ)

¥5,500 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

中矢嘉貴さんの木のうつわ(クリ)です。 富士山麓の工房、木ものNAKAYAでひとつひとつ丁寧に仕上げられた天然木のうつわは、日々の暮らしの実用品。 なによりとても軽いのです。 使い続けていくうちに、表面の手ざわり感も変化していき、きっとどんどん愛着も増してきます。 サラダや炒め物、おやつなどなど、なんでも対応できます。 日々しっかり使って育てていきましょう。 サイズ:約H70 Φ220~230mm ーー以下、中矢さんのパンフレットよりーー <木のうつわの育て方> ①まずは、サラダで慣らしていきます。 ドレッシングをたっぷりかけて、ドレッシングの油が「木のうつわ」に馴染むまで使ってください。(目安10回くらい) ②うつわに油が馴染んできたら、次は揚げ物です。 天ぷらでもから揚げでもOK!あちらこちらに油の”染み”ができます。それでOK。油分を加えることで、木のうつわがドンドン強くなっていきます。 ③次は、炒め物に挑戦! 炒め物を盛ることで、さらにうつわが強くなっていきます。また、油の染みが重なることで、良い風合いにうつわになりますよ。 ④さぁ!最終段階にきました!ここまできたら(うつわに油が十分に染み込んだら)、煮物やパスタ、カレーにも使えます。怖がらずにドンドン使ってください。 使いだしたら軽いし、割れにくいのでとっても木のうつわは使いやすいものです。 是非、この機会にお試しあれ! <お手入れ方法> 〇汚れを落とすときは、中性洗剤をご使用の上、柔らかいスポンジで洗ってください。毛羽立ちの原因となりますので、ゴシゴシと洗うのはお避け下さい。 〇洗浄後は、乾いた布巾で水分をふき取り、十分乾燥させてください。 〇表面がカサついて気になる場合には、油料理で油分を充分に染み込ませるか、食用のオリーブ油、サラダ油、クルミ油などのオイルをすり込んでください。 <割れ・変形の防止・注意点> 〇電子レンジ・オーブン・自動食洗器では使用しないでください。 〇長時間水に浸けたままにしたり、極端な乾燥状態での保管はおやめください。エアコンの直風も要注意です。 <木のうつわを100%楽しむ5つの秘訣!> ①汚れや染み・匂いは使っていくうちに薄れていく。それも味だと気にせず使う。 ②カビは、しまいこまずに毎日使うことで防いでいく。 ③ねじれやゆがみは、使っているからこそできるもの。木は生き続けています。 ④表面のパサつきは、油料理でカバーし、手入れの手間を省く。 ⑤木のうつわを育てる気持ちで、使い込んでいく。これこそが木のうつわ使う醍醐味です!楽しんで木のうつわを育てていきましょう。 ●お色味について ・お客様のPCモニターによって、画像の色が実物と異なって見える場合がございます。 ・商品画像は、できる限り実物の色に近づけるよう撮影しておりますが、照明などにより実物と色味が異なって見える場合がございます。